busuu の利用方法

無理なくできる目標を設定して始めましょう

busuu のコース全てをすぐに終わらせてしまう方もいますが、多くのユーザーは定期的にログインし、可能な期間内でゆっくりと学習しています。無理なくできる目標とは、例えば「 8 週間以内に A1 初心者レベルの前半を終わらせて、スペイン語で5つの短い会話をできるようになりたい」などがあげられます。

学習に最適な時間を決める:あなたが通常、学習に集中でき、邪魔が入る可能性が低い時間を設定。カレンダーに予定を記入して勉強する時間を忘れないようにしましょう。

勉強する頻度や時間、勉強に当てられる時間は人それぞれです。最低でも週に12時間ほどを積極的に busuu で勉強する時間に当てることをお奨めします。一度に多くの時間を当てるのではなく、短い時間の勉強がお奨めです:1 10 分なら無理なくできる目標ですし、週に 4 回各 30 分のセッションでも良いでしょう。それ以上勉強したいようでしたら、ぜひ取り組んでください!

勉強の内容

初心者の方は、最初から始めることをお奨めします:A1 レッスン 1、そして各レッスンを順に進めていきます。以前にその言語を勉強したことがある方は、適切なレベルのコースを始められるようプレースメント テストを受けることをお勧めします。

レッスンは語彙ユニットから始まり、通常はその後文法ユニットへと進みます。一般的にこれらのユニットには会話文が 1 つか 2 つ含まれ、文脈を理解しながら学習言語を読み、聞くことができるようになっています。通常各ユニットの終わりには会話練習があり、スピーキングまたライティングの課題を通して学んだ内容を実践することができます。最高の学習体験にするため、全てのユニットを完了することが重要です:各ユニットで出てくる単語やキーフレーズをすでに十分に理解している場合は、そのユニットを飛ばしてください。

語彙ユニット

ほとんどの語彙ユニットでは 5 10 個の新しい単語とフレーズを学びます。ほとんどユニットには、単語のフラッシュカード、翻訳、文章内でその単語の使い方を示すキーフレーズが含まれています。すでにご存知の単語がフラッシュカードに書かれていただ場合は、次へ進んでも構いません。ご存知でない単語があったら、その単語をメモし、「単語帳」に保存することをお奨めします。覚えられなかった単語はすべて「復習」セクションに保存し、学習セッションの終わりまたは 5 分ほど時間がある時に「復習」を開けば、単語テストをすることができます。単語を暗記したら、単語リストから削除できます。

文法ユニット

文法ユニットの全ての問題に回答します。文法ユニットが難しいと感じたら、一旦休憩してまた後で再開し、繰り返し行うことをお奨めします。問題に回答しながらメモを取ることも有効です。文法、特に動詞の活用に苦戦する方はたくさんいます。動詞の活用表や全ての動詞の活用形を暗記する必要はありません。コースを通してこうした活用形を繰り返し目にすることになるので、その度に覚えやすく感じるでしょう。文法を完璧にしようと自分にプレッシャーをかけないようにしましょう。習得には時間がかかるので、最初はたくさん間違えることは普通です。それは上達している証拠です。

会話

"会話はコースの中でも特に重要なエクササイズの一つです。ただ学習中の言語を理解したり認識するだけでなく、書く·話す練習になります。会話の各エクササイズでは、語彙·文法ユニットで学習した内容に関連するトピックについて話すまたは書くよう指示があります。書く、話す、あるいは両方を練習するか、ご自身で選んでください。最初は難しく感じるかもしれませんが、できるだけ学習している言語で書くまたは話してください。単語が数個しか浮かばなくても、浮かんだ単語を使い、他は推測で取り組みましょう。思い浮かばなくなったら、ヒントのセクション をクリックまたはタップすると模範回答が表示されます。できるだけ自分の言葉で書くまたは話すように努力し、声に出してみましょう。busuu コミュニティのネイティブ スピーカーたちが文章を添削してくれ、改善のヒントを提案してくれます。

"

良い添削を受けるコツは、できるだけ多くのネイティブ スピーカーと友達になり、ご自身の会話エクササイズを添削してもらうようにお願いすることです。ソーシャル タブを使うと、つながる人を探すことができます。

学習セッションの例 (30 40 分間)

ウェブサイトまたはアプリで busuu にログインしてください。

コースの次のセッションを開いてください。

語彙ユニットに取り組みましょう。新しい単語やフレーズはノートに書き出し、「単語帳」に保存しましょう。また、できれば、これらの単語を声に出して発音練習をしましょう。

文法ユニットに取り組みましょう。メモを取りましょう。エクササイズは、ほぼ理解できたと自信が持てるようになるまで、必要なだけ繰り返し取り組みましょう。

会話エクササイズに取り組みましょう。できるだけご自身の言葉で書いてみてください。どうしてもわからない時は、ヒントを使いましょう。できるだけ声に出して言うまたは書くよう挑戦し、完璧な回答でなくても構いません。参考になるフィードバックを受けるため、ご自身の回答をできるだけ多くのネイティブ スピーカーに送りましょう。

学習セッションの例 (5 10 分間)

busuu のアプリまたはウェブサイトを開いてください ;

「復習」を開いてください ;

ご自身の単語帳に保存されている単語を覚え、暗記できたかテストしてみましょう。難易度を上げるために、設定メニューで使用言語を変更して翻訳が表示されないようにすることもできます。

簡単に暗記できる単語は削除しましょう。

なかなか暗記できない単語は残しておき、時間をおいてから再度テストしましょう。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください